株式会社ワトワメディカル

事業内容

HOME事業内容
医療系廃棄物は人の健康および生活環境への被害の大きさの観点より排出時点から慎重に扱う必要があります。
弊社は、医療系廃棄物の中間処理(焼却処理)業務を主業とし、その収集運搬業務も行っております。

事業案内
Service

01.医療系廃棄物の収集運搬

医療廃棄物は、感染症の汚染源となる可能性があるため適切に収集運搬しなければなりません。弊社では、専用車両を利用し焼却施設へ搬入しています。さらに搬出搬入の際は専用容器を利用して密閉し飛散・悪臭・落下防止に努め、従業員に保護具着用等を義務付け実践しています。

  • 医療系廃棄物の収集運搬
  • 医療系廃棄物の収集運搬
  • 医療系廃棄物の収集運搬

02.医療系廃棄物の中間処理

弊社では、廃棄物処理法・関連法規の規則を守り、廃棄物を焼却処理しております。また、施設内は腐敗を防止するため保冷庫を設け温度管理を徹底しています。 環境に十分配慮した焼却によって、廃棄物の容量を大幅に減少させ(減容化)腐敗を防止すること(安定化)や、病原菌などを滅菌すること(無害化)ができます。

  • 医療系廃棄物の中間処理
  • 医療系廃棄物の中間処理
  • 医療系廃棄物の中間処理

03.医療系廃棄物の最終処理

焼却後の燃殻・ダスト類(ばいじん)については弊社から最終処分施設へ搬送しております。
(詳しくは、ケーイーシグループ愛知臨海環境整備センター三重中央開発株式会社中部リサイクル株式会社のホームページをご覧ください)

04.医療廃棄物専用容器の販売

医療廃棄物による2次感染を防止するため、用途に合った容器を使い分けて頂いています。 液漏れや貫通を防ぐ強度容器で焼却時にも有害物質を発生させないもので品質や環境面において、安全性の高い容器として認められている商品です。

  • 医療廃棄物専用容器の販売
  • 医療廃棄物専用容器の販売
  • バイオハザードマーク
    バイオハザードマーク

    容器に表示して感染性廃棄物であることを識別できるマーク(環境省推奨)

処理料金について

廃棄物の荷姿や引取り方法等の諸条件により変動いたしますのでお問い合わせください。

設備紹介
Equipment

ワトワメディカルの高度な一貫処理システム

01.ワトワメディカルの高度な一貫処理システム

弊社の焼却施設の廃棄物は、供給コンベヤで自動投入され、灰は焼却炉下部から自動で排出されるため、焼却炉を止めることなく連続運転ができます。灰出しで焼却炉を止めることがなく、炉内温度は下がらず安定燃焼ができ、燃焼効率が改善され、環境負荷への一段の低減が可能となりました。

効率化を追究した自動投入コンベアー

02.効率化を追究した自動投入コンベアー

搬入された廃棄物は、速やかに焼却処分する必要があります。
搬入から廃棄物投入まで自動投入コンベアーを利用してスピード化・省力化をしております。

最新技術の焼却炉

03.最新技術の焼却炉

焼却炉内に投入された廃棄物は外気と遮断された状態で、熱分解され焼却灰と燃焼ガスが発生します。
発生した燃焼ガスは2次燃焼室で完全燃焼され、高い燃焼効率と安定化を図ることができ1日最大40tの焼却連続運転が可能です。また、燃焼ガスはガス冷却室で水噴射して急冷し集じん装置(プレコートバグフィルター)で精密集塵し、ばいじんの飛散を抑え無害なクリーンガスとして排気塔より大気に放出されます。

保管能力・衛生面に配慮した保管倉庫

04.保管能力・衛生面に配慮した保管倉庫

廃棄物の保管庫は、広く、衛生的で、保管庫内での殺菌処理も可能な施設で、悪臭や害虫発生防止、騒音にも配慮された保管庫となっております。

環境保全を守る中央制御室

05.環境保全を守る中央制御室

中央制御室で投入状況・炉内温度管理および焼却状況管理を、モニターやコンピューターで一元管理し、安全で環境基準に適合したオペレーションをしています。

中間処理(焼却処理)の目的

  • 1中間処理は、廃棄物処理法・関連法規の規則を守り、環境に対する影響が小さくなるように、廃棄物を減量化・安定化・安全化することである。
  • 2中間処理は、目的達成のために、基本的技術と周辺技術を利用して、処理物の品質を確保し、その全部あるいは一部を資源化するものである。資源化できない場合は、埋め立て処理する。
  • 3中間処理は、機器・装置類の保守管理・安全衛生を行なった上、適正処理を心がける。

焼却炉フローシート
Flow Sheet

焼却炉フローシート

  • 中部メディカル有限会社
  • 産廃情報ネット

最終処分場

  • ケー・イー・シー グループ
  • ASEC
  • 三重中央開発株式会社
  • 中部リサイクル株式会社
  • ミダックはまな

ページ上部へ